今夜は、森トーーク!

今日は3月23日に行われた「BAR UM」の第4回目の様子をお届けします。

 

 

まるで、お笑いコンビのようなリズミカルなトークで登場された今回のゲスト。more Treesの水谷信吉さんと株式会社クイージの石崎英治さんを囲んで、「都会で森と暮らす」をテーマに語りあいます。

 

一体、現在の日本の森ではどんなことが起こっているのでしょうか。

.

.

.

「日本の森を守る」を探る

木を植えることが必ずしも日本の森を守ることにつながるとは言えません。

木を切る・・こと、適度に間引いていくことも必要です。
では、切った木はどうしましょうか?
もちろん、そのまま処分するよりかは使った方がいい。
さて、どんな風に使いましょうか。
そんな挑戦をmore Treesで行っている水谷さん。

シカやイノシシのお肉を食べることも、森を守る方法のひとつ。

「守る」と聞くと、森の生き物を保護するイメージがあるかもしれません。
けれども少し視点を変えてみると、森の木や畑を荒らして迷惑がられてしまう野生動物を捕獲して、美味しく料理していただくということもできるのです。
そんな挑戦を株式会社クイージで行っている石崎さん。

 

おふたりの自己紹介から気になるワードが飛び出し、興味深々のみなさん。

 

 

後半は、美味しくお肉をいただきながら。

「イノシシ肉のスパイス煮込み」をいただきながら、森のお話は弾んでいきます。



日本の食卓では、まだまだ馴染みのないイノシシのお肉。

珍しさゆえに、思わずパッケージを眺めたくなります。(ちなみに、こちらのパッケージデザインはバウムがお手伝いさせていただいています♪)

 

美味しそう〜〜〜〜〜〜〜!

 

 

「森」をキーワードにつながっていく

森で活動をしている人、趣味で森に関心のある人、最近森が気になり始めている人、などなど森を共通点にさまざまな方が集まった今回のBAR UM。

気づけば、参加者の皆さんが自然と気づいたことや疑問を言葉にしたり、情報を共有しあったり..!
イベントの終盤には、まるでアーバン森暮らしクラスがすでに始まっているかのような空気感が生まれていました。

都会で暮らしていると、なかなか触れることのない森のお話けれども、
今夜はそんな森を少し身近に感じられるようなひとときでした。
さてさて、みなさんはどんな風に日本の森を守っていきますか?

《今夜のゲストマスター情報》

more Trees事務局長:水谷信吉さん
もっと森の世界を学んでみたいという方は こちら
株式会社クイージ代表取締役:石崎英治さん


来月も、「BAR UM」開催します!詳細は近日公開
次回は、どんなゲストマスターのお話が聞けるのでしょうか。
仕事帰りに、学校帰りに、ちょっとお散歩のついでに..!
いつもとはひと味ちがう夜のひとときを、BAR UMで過ごしませんか?
お酒を片手にゆったりとお話しましょう。ご来店お待ちしております。