たまに都会からエスケープしたくなるときってありませんか?

” 都会で過ごしていると、時々ふと自然が恋しくなる

いつもと違う何かをもとめて ゆらりといつもと違う場所へ “

.

.

.

 

こんにちは!インターンのLucyです。

今日は、そんな自然でのひとときを感じられる島のお話?

 

で・は・な・く、“島に行く前のまち”のお話をします!

 

 

みなさん、新島はご存じでしょうか?この島は、都内の竹芝駅から高速船で2時間半でいくことができます。

 

実は今、新島を含むこの竹芝地区では、今後の開発計画に向けて、エリアの新たな価値を考えていく動きが始まっているようです。

 

それに先駆けて、先日3月9日に行われた、『夢になるといけねぇNight』の様子をのぞいてみましょう。

 

 

今回のトークイベントでは、SPEAC/東京R不動産の林 厚見さん、WATの石渡 康嗣さん、そしてバウムからは宇田川さんがゲストスピーカーとして、竹芝地区や離島のこれからについてトークセッションを行いました。







人の流れが変わり、まちが変わっていくお店づくり、自然を活用したデンマークとポートランドの水辺のまちづくり、人が素に戻れるような、島ならではの価値を活かした空間づくりなど・・・

 

気になるお話がたくさん聞こえてきました!

ここで、ちょこっと休憩タイム。

ポートランドのビールとハードサイダー

Coffee Wrightsさんのコーヒー

ampereさんのサンドイッチを楽しみ、後半のトークへ。

 

 

楽しいことを見つけて広げていく!

都心から島にいく流れ。
この流れをどう創っていこうか。どんな人の流れを創っていこうか。

新島という素敵な島に向かう場所だから、もっと「これから島に行くぞ!」というワクワク感がほしい..!

こちらは、コペンハーゲンでの一枚。

外でお酒を飲みながらお風呂に入るこの光景は、やってる人たちも見ている人たちも、なんだかほっこりと楽しい気持ちになる。

 

 

まちを遊び倒す流れをつくろう !

これからどんな人たちがどんなアクションを起こして、この街のワクワクをつくっていくのでしょうか。
あなたなら、この街の空間を使って、どんな風に遊びますか?